設備投資調査
機械類の購入や工場の建設といった「有形固定資産」への投資。
金融保険業を除く資本金1000万円以上の中小企業までを調査対象としている。
設備投資はそれ自体が需要としてGDPの15%程度を占めるだけでなく、生産能力の拡大を通じて新たな需要を生み出す。
平均で5年程度のサイクルを描く景気循環は主に設備投資の動向により引き起こされると考えられ、設備投資が景気に与える影響は大きい。
[出典] 財務省「法人企業統計季報」、年度は「同・年報」