国際収支
日本が外国と取引を行うことで生じる受け取りと支払いのバランス。
対外的な活動の動向を見る指標となるが、為替動向の影響を大きく受ける。
収支項目によって対象とする取引の範囲が異なる。
貿易・サービス収支はモノやサービスの輸出入を指す。
経常収支はモノ、サービスに加え、所得、援助金などの収支を指す。
資本収支は「日本から海外への投資や資本移転」の額から、「海外から日本への投資や資本移転」の額を引いたもの。
直接投資は海外での資産運用ではなく、企業買収や提携を目的にした積極的な対外投資のこと。対日直接投資額から、対外直接投資額を引いた差額を表している。
[出典] 財務省「国際収支状況」